Column

髙橋 幸平 CARE.K

ヘアケア/トリートメント

トリートメント

キューティクルを整え、滑らかな髪を保つ。また、痛んだ頭髪に染み込み、内部から補修、表面をコーティングして保護する働きがある。手当て。治療。特に、傷んだ髪の手入れ。ヘア‐トリートメント。出典、、、コトバンク

 

 

 

トリートメントすると髪のダメージは治るの?

 

正直に話すると、一度痛んだ髪の毛はどんな事をしても、治りません。

 

こんなお話もあります。

 

 

 

ヘアトリートメントは髪を傷めます!

 

ほとんどのトリートメントやコンディショナー類は内部に栄養を補給し、表面をコーティングしています。しかしパーマ・カラーしている方がコーティングすると薬液の悪い成分を髪に残留させ内部を痛めてしまいます。しかも美容室で行う本格的なトリートメントほどサラサラで持ちが良いのでより髪の内部に薬液を残留させて髪を傷めてしまいます。

出典、、、場末のパーマ屋の美容師日記

 

美容院で施術したときが 最高の状態!で~ 帰って 毎日スタイリングしていくとだんだん 状態は悪くなる(当然だ)すなわち そのお客さんからすると 髪は痛んでいくと感じるんだ。。。そんで 店でのパーマやカラー行程もできるだけ 皮膜を抑えて施術していくとパーマやカラーをしたときは たいして手触りやツヤは良くないが毎日スタイリングしていっても 状態は変わらない。 この 変わらない! って事は お客さんの感覚だと髪が 痛んでいかないパーマやカラーに感じるんだ。。いや 人によっては 髪の傷みが直って言ってる! って感じるんだな。お気に入り詳細を見る。正直に言って これは 正当な理論なんかじゃない髪と 肌じゃ 違うし~皮膜や 残留成分の 考えも 色々 あるんだ・・・だけど 俺は 実際のお客さんの意見で これでいんじゃないかと思った。そんで 俺様の独断と偏見で妄想した ヘアケアは 実際のパーマやカラーの行程に結びついていくんだ。髪の手触りは 正直言って 表面の皮膜だけだろ って・・・あ、独断と偏見だからね(爆) 妄想話だから いいだろ♪

出典、、、女性必見  驚愕の真実!!髪の痛みの原因はトリートメントだった!!

 

 

では、どうしたらいいのか?

 

髙橋が思うのは、、、

 

お客様の大切な髪の毛をどうしていきたいのか?

をしっかりお客様と、お客様の髪の毛と向き合っていく

 

 

・髪の毛のダメージは治らない

・できるだけダメージにならない様ダメージを少なくする

・お客様に合わせて処置する

 

まだまだ、これからもより良い物が出てくると思います。

 

考え方もそうだし、今まで良かったと言われていた事が

実はそうではなかった。なんて事もあると思います。

 

科学も技術もどんどん進歩していきます。

 

・ちゃんとした知識を知る事

・しっかりとした技術を提供できる事

・常に勉強する事

 

なのかな、、、と。

 

お客様を想う気持ちだけではきれいになれないし、

気持ちがなければ、成長もない、、、

 

時代の進歩においていかれない様にしないと!

 

 

大切な髪の毛を任せて頂いている毎日。

髙橋に任せたいと信頼を築いていける様に。

 

 

 

是非、ご参考にして下さい。

 

Infomation

美容師の視点から生まれた本格派ヘアケア

11月20日(月)〜11月26日(日) ご予約状況

Columnの関連記事

髙橋のこれから

髙橋幸平 WAVE.K

最近 思う事、、、

MILEY・マイリー 姫路 オープニングパーティー 🎉

髙橋幸平 color.K

Cut料金について

最新記事のチェックにフォローしよう