Column

髙橋 幸平 の 実は 、、、

あんまり言うてない、

目標と言うか、

理想があるんですよね、実は。

美容師として、なんですがね。

 

売上 とか、

人数、とか

そんなんじゃなくてね、

 

髙橋の1番の美容師としての理想ね。

 

2つあるんやけどね。

 

1つは、

お客様の会葬に呼ばれる様な美容師である事。

これに関しては、なんて事を!的な感じになるのでまたしっかり書こうと思いますので、今回はスルーして下さいねΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

2つめがね、

仕上がりをみてもらった時に泣いて感動してもらえる様な美容師である事。

 

仕上がりみて、泣いて感動する😢

いや、いや〜ってなるけど、

僕本気💪

 

いつも喜んで帰ってもらいたいし、

楽しみにして来てもらいたい。

すっきりもして欲しいし、

癒すこともできたら、ほんと嬉しい。

 

きっと来てくれはるお客さんも

色々な想いを持って来てくれてはると思う。

 

良い事あったら、話も聞いてほしーって、

なるやろーけど、

最近、上手くいってないなー、とか、

単純に育児や家事、仕事で疲れてるー、とか

良い事ばっかりやったらいいけど、

そんな事ばっかりでもないやろーし。

 

みんな色々あるもんね。

 

どこまで理解できるか、できてるかは

分からへんけどね、

でもね、

僕は関わった以上は、

髪の毛担当させてもらった以上は、

幸せになってもらいたい!って思ってるんですよね。

 

幸せは人それぞれやけど、

髪の毛きれいになって嬉しいとか、

理想の髪型になって良かったとか、

頭も気持ちもすっきりしたとか、、、ね。

 

ほんでね、

なんでこんな事ブログにしてるかってね、

 

言われたんですよ、

もっと言うた方がいいって!

 

泣いて感動してくれたお客さんにね。

 

オーダーはね、

「ばっさり切りたい、後はお任せ」

 

30㎝〜40㎝はカットさせてもらいました✂

似合うって思ったし、

何より髙橋が最近良いと思うスタイル✂

 

「カットカラートリートメント 」

1番多いオーダーで、

もちろん満足度も高いオーダー(←やと思ってる)

 

僕も喜んでもらえる自信もある。

理想のヘアスタイルになって、

髪の毛もきれいになって、

何よりも1番僕が満足しているw

僕が担当させて頂いてるお客さんは、

僕が喜んでるのをみて、安心するみたいw

 

今回の「お任せ」オーダーも、もちろん自信があった。

 

施術が終わって、

スタイリングして、

鏡でみてもらって、

お客さんの表情を見たら、

“ぽろ”ってなみだが、、、。

 

ほんで、

聞こえるか聞こえへんかぐらいの声で、

「生まれ変わったみたい、、、」って。

 

涙みえた時、僕は

「えっ、切りすぎた?」

って思ったんやけど、

実は感動してもらえたみたい。

 

きっと色々あったんやろーなーって、

いつも楽しい話ばっかりしてくれてたから

全然気付かなかったけど、

「この一年ほんとなんかずっともやもやしてて」

って涙して、話してくれて。

 

美容師で良かったなって思って、

その時に

僕の夢が1つ叶った事もお話させてもらって。

「そんな事が夢とかほんと素敵、

技術はもちろん安心して任せれるけど、

サービスというか、ホスピタリティがすごいもんね」

って言ってもらえた。

 

僕もとても大切にしてる事。

 

技術はもちろん、

髪の毛触らせてもらってるって、

とても距離が近い。

家族とか、恋人とかの距離間。

 

手で触れるって思ってる以上に

きっと気持ちが伝わるから。

 

やから、

ヘアスタイルに感動するとか、

技術だけじゃなくて、

気持ちというか、

絶対、喜んでもらいたいってめっちゃ思って

いつも担当させてもらってます。

 

美容師して、

2019年の4月で、10年!!

 

もっと感動してもらえる美容師で在りたい

って強く想えた、2019年。

 

今年のテーマは、「自己開示」

 

サロンの施術中だけではなくて、

ブログやSNSでも

自分を出していく。

 

もっと僕を知ってもらえる様に✨

 

本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Infomation

湿気で広がりやすい髪質の方へおすすめのメニュー✨

㊗️お客様感謝祭㊗️第4段🎉

Columnの関連記事

🎍新年のご挨拶🎍

理想は、、、

1月29日(月)〜2月4日(日) ✂️ ご予約状況 ✂️

髙橋幸平 WAVE.K

教えて下さいm(_ _)m

岡本ランチ☕️おかんとおばちゃん、たまたま高橋

最新記事のチェックにフォローしよう